育児

新生児から使えるサイベックスのチャイルドシートの口コミ!トラベルシステム付きで便利!

質問者
質問者
赤ちゃんが生まれたら退院時にチャイルドシート使いと思うのだけど、どれが良いのかな?
紫陽花
紫陽花
今回私が購入したサイベックスのチャイルドシートが本当に良かったのでご紹介します!

今や我が家の必需品となったサイベックスのチャイルドシート。

使い勝手が良く本当に買って良かったと思いました!これがないとお出かけするのが本当に難しかったですし、出先でも寝ながら移動できるため大変助かっています。

サイベックスとは

サイベックス

画像引用:Dad Way

ドイツ生まれの「安全性・デザイン・機能性」を信条とした高品質のベビーブランド。

ベビーカーをはじめ、チャイルドシートやベビーチェアなどを展開しています。

特にベビーカーのミオスは約10万円ほどする高級ベビーカー!ローズゴールドのフレームは特徴的で、プレママさん憧れのベビーカーです。

紫陽花
紫陽花
表参道を歩いていたら、すれ違うベビーカーのほどんどがサイベックスでした!

チャイルドシートについて

サイベックスHP

画像引用:サイベックスHP

ベビーカー同様に「安全性・デザイン・機能性」に優れており、選んでよかったと思ってのでご紹介します。

チャイルドシートは年齢によって3種類のカテゴリで展開しており、新生児〜1歳8ヶ月のまでのモデルを購入しました。

  • 新生児〜1歳8ヶ月まで
  • 新生児〜4歳まで
  • 3歳〜12歳ごろまで

今回は新生児〜1歳8ヶ月モデルについてメインでご紹介します!

こんな方におすすめ

サイベックスの新生児〜1歳8ヶ月モデルのチャイルドシートは素敵な特徴があるため、以下の方は特に使い勝手よく感じられるかと思います!

自家用車を持っていない方

自家用車を持たずにレンタカーやカーシェアを利用する家庭も増加!

特に都内で自家用車を持つとなると、駐車場代などの固定費がかかるためスポットで車をレンタルしている人も多いかと思います。

自家用車を持っている方はチャイルドシートを備え付けると便利ですが、車を借りる場合は付け外しが簡単なチャイルドシートを選ぶのをお勧めします!

自動車に乗る頻度が少ない方

自家用車を持っていても普段は仕事で使うことがメインで、子どもをあまり乗せない家庭もあるかと思います。

その場合も取り外しが簡単なチャイルドシートを選ぶことで、車の座席を有効的に利用することができます。

子どもと一緒に車をの時にチャイルドシートを車に付けると便利だと思います。

外出の際に荷物を少なくしたい方

外出の際に一番大きい荷物がベビーカー!

「セダンの車だとベビーカーを乗せたら、他の荷物は少ししか乗せることができない!」という方も多いかと思います。

その場合はベビーカーのシート部分がチャイルドシートになるものを選ぶと、ベビーカーをコンパクトにすることができます!

紫陽花
紫陽花
私たちはコストコに行く時に便利さを実感しました!購入品がベビーカーが大きくてトランクに入らない!ということがなくなりました

出先で赤ちゃんの睡眠場所として使用したい方

実家や友人の家に行った際、赤ちゃんが寝るスペースって意外と確保が難しいんです!

特に場所見知りを始めると慣れた場所じゃないと寝付けない子もいますよね。

普段使っているチャイルドシートをそのまま室内に入れてロッキングチェアとして使用すると、安心して寝てくれます♪

紫陽花
紫陽花
室内で娘をチャイルドシートに寝かせ、そのまま車に乗せることができるのでいちいち起きなくて本当に助かってます!

新生児期にベビーカーを使いたい&B型ベビーカーのみ所持の方

ベビーカーにはA型、B型、AB型があり、新生児期にはA型かAB型しか使うことができません。

しかしA型は使用期間が短く、新生児以降も使えるAB型を購入するとその分重くなるのがデメリット。

そこでトラベルシステム付きのチャイルドシートをA型のベビーカーとして使用すれば、使用期間の長いB型のみ購入すれば良くなります

うちの娘が車でお出かけする際は、ベビーカーのフレーム+チャイルドシートのみ持ち運んでいるので、車でお出かけが多い方はこの使い方も是非検討してみてください♪

サイベックスのチャイルドシートの特徴

サイベックス エイトン

新生児〜1歳8ヶ月モデルのチャイルドシートの特徴についてご紹介します!

どの特徴も我が家ではマスト要件だったため、ここまで満たしているチャイルドシートは本当に最高でした♪

新生児から使える

退院時の新生児〜1歳8ヶ月まで使用可能!

新生児用のインレイ(画像参照)があるため、小さい赤ちゃんでもすっぽり包んでくれます。

そして3ヶ月になると大きくなるのでインレイを取り外すと横に空間ができるため、座りやすくなります。

また新生児から使える持ち運び可能なチャイルドシートの多くが1歳半ほどまでしか使えないため、3ヶ月ほどですが長く使えるのも高ポイントです!

シートベルトで取り付け可能

シートベルトの例

シートベルトでチャイルドシートを固定が可能なので、車に簡単に取り外しができます。

チャイルドシートの背面と前面2点の計3点で固定できるので安定性が高いのも特徴です。

紫陽花
紫陽花
出産1ヶ月後の私でも取り外しできたので、本当に簡単でした!

トラベルシステムがついている

トラベルシステム

お車 ⇄ ベビーカー ⇄ 室内を子どもを乗せたまま移動できるトラベルシステム!

車の乗り降りごとに子どもを起こすと泣かれて大変!

新生児〜半年頃までは寝ている時間が長いため、チャイルドシートごと移動できるのは本当に助かってます♪

また、形状が丸みを帯びているので室内ではロッキングチェアやベビーチェアにもなります。

実家や友人宅でチャイルドシートをそのまま持ち運んで、寝かせることもできるのですごく便利です。

紫陽花
紫陽花
実家ではクーファンやバウンサーのように使用可能

ベビーカーとしても使える

ベビーカー

カーシートのアダプタを接続することでベビーカーとしても使うことができます!

予想以上に大活躍!
車にベビーカーのフレームだけをトランクに積めば良いので、荷物が少なく身軽になります。

そして車で寝た状態のまま、ベビーカーに移し替えて移動できるため、いちいち起こさなくて良いので精神的に大変楽チンです♪

車での移動が全然億劫じゃないです!

様々なベビーカーに取り付け可能

海外製のベビーカーと互換性があり、同メーカーのサイベックスはもちろん、バガブーやベビーゼンYOYO、エアーバギーなどにもつけることが可能!

各ベビーカー対応のアダプタを購入してくださいね。

使用してみた感想

エイトン

今回購入したのは
cybex サイベックス エイトン S2 i-size オーシャンブルー

サイズ 幅44cm×奥行き66cm×高さ39〜56.5cm
対象身長 45cm〜87cm(13kg)まで
参考年齢 新生児〜18か月
本体重量 4.2kg(新生児用インレイ除く)

ネイビーの色合いがとてもおしゃれで素敵なため一目惚れでした♪

紫陽花
紫陽花
ペイペイ経由だとポイントバックが高いため、ヤフーショッピングで購入しました!

メリット

とにかく使いやすいの一言!
退院時から使っていますが、家までの道中からすぐに寝たので私の子供とは相性が抜群でした。

正直、サイベックスのチャイルドシートがなければ、お出かけするのは不可能だったと思うほどです!必需品です!

車内ですぐ寝てくれる&起きない

チャイルドシートの中がCカーブになっているため、とても安心するのか入れても一切ぐずりません。

車が発進すると揺れが心地よいのか、5分もしないうちにぐっすり寝てくれるため本当に助かっています!

またチャイルドシートに屋根がついているため、様々な方向からの直射日光をしっかり遮断してくれるため眩しそうな素振りも見せずによく寝てくれます。

室内でもよく寝てくれる

写真のようにロッキングチェアになるため、室内でぐずり始めたらチャイルドシートに入れてゆらゆら揺らすと寝てくれるのです。

お互いの実家に何度も車で遊びに行ってますが、その度にどちらの両親からも「なんて便利なの!」と驚かれます^^

最近では引越し先の内見にもこのまま連れて行きましたが、起きていたのに一切ぐずりもせず良い子に過ごしてくれました。最高。

ベビーカーとしても使いやすくお出かけしやすい

新生児の頃はバガブーでお出かけするよりも、サイベックスのチャイルドシートをベビーカー替わりに使っていました!

なぜなら、ぐっすり寝る確率が圧倒的に高かったから!

新生児インレイが付属しているため、より体にフィットするのか本当にぐずらないのです。

あまりにも使い勝手がいいので、子どもが生まれる&自家用車を持っていない夫婦におすすめしまくってます!

デメリット

デメリットという点が今のところ本当に全く見当たらないです。

強いていえばのデメリットなのですが、そこまで不満ではないことを承知に読んでくださると幸いです。

1歳8ヶ月以降は別のシートを購入する必要がある

デメリットといえば本当にこれくらいです。

ベビーカーに接続する機能がついているため、「これ以上の月齢では大きくなって使えないよね」と納得します。

てくてく歩く時には体重も重くなっているし、立ち上がる可能性もあるので普通にトラベルシステムでは難しいという事実。

自家用車を持っていて、チャイルドシートを購入するなら0歳〜12歳まで続けて使えるコスパが良いやつが欲しい方にとってはメリットが少ないのかなと思います。

紫陽花
紫陽花
レンタカーやカーシェアする方には抜群に相性が良いチャイルドシートだと思います。

サイベックス チャイルドシートの口コミ

他のトラベルシステム付きチャイルドシートと比較

トラベルシステム付きのチャイルドシートは意外と沢山展開されていますが、最終的にサイベックスを選びました!

どんなメーカーがあるかについてご紹介します。

マキシコシ

マキシコシ

※画像引用:マキシコシHP

サイベックスと最後まで悩んだのはマキシコシでした!

トラベルシステム&海外製ベビかーと互換性が高いという点では、マキシコシが有名なのでネットでも口コミが豊富です。

マキシコシのメリットとしては、通気性が優れているという点。
夏場にベビーカーとして頻繁に使うのなら必要機能かもしれませんが、A型ベビーカーの代わりとしてメインで使わないならそこまで気にしなくて良いかなと思いました。

マキシコシは1歳3ヶ月までの使用のため、サイベックスより3ヵ月ほど使用期間が短い。

この理由からマキシコシではなくサイベックスにしました。

アップリカ

アップリカ

※画像引用:アップリカ公式HP

日本製のアップリカにもトラベルシステム対応のチャイルドシートがあります!

生後1ヶ月〜3歳頃まで使えるため、使用期間はとても長いのが特徴。

3輪ベビーカー「スムーヴ」シリーズに取り付けることが可能ですが、アップリカのこのシリーズにしか取り付けることができない点がデメリット。

既にスムーヴを購入検討しているかたでしたら、オススメです!

アップリカの中では高価格帯のベビーカーになります。

KATOJI/Joie

ベビーカーとチャイルドシートISOFIXベースがセットになって5万円ほど、合計金額から考えるとお求めやすい!

また生後1ヶ月〜3歳頃まで使えるため、アップリカ同様に使用期間はとても長いのはメリット性が高いです。

私たちが選ばなかった理由は、3輪ではなく4輪のベビーカーに拘ったため候補から外れてしまいました。

しかし、価格面からも使用期間からもメリットが多いので、3輪ベビーカーが好みの方は大変おすすめです!

購入前?レンタル?

今回私たちは使用する頻度が高く、自家用車を購入するまでの繋ぎとして頻繁に使うことが予想されたため購入しました。

幸いにも娘とチャイルドシートの相性が良く、お出かけしやすいため買ってよかったと思いました。

しかし友人の子どもはチャイルドシートが好みでなかったため、結局全く使わなかったというケースも聞きました。

チャイルドシートは1度購入するとメルカリやジモティーで手放すのも一苦労なので、先にレンタルするのも良いかもしれません。

チャイルドシートのレンタル

赤ちゃん用品は使用期間が短いためレンタルすると良いと思います!

ベビーベッドや赤ちゃん用体重計をはじめ、ベビーカーやチャイルドシートもレンタルの方が最終的に安く済みます。

なんといっても赤ちゃんの好みではなく気に入らなくて使わなくなっても返品すれば良いのでレンタルは本当におすすめです。

 

マキシコシシティ

 

アップリカ

先ほどご紹介したマキシコシやアップリカのスムーヴなども3,980〜レンタルすることができるため、購入する前にまずはレンタルするのもオススメです!

ベビレンタ は最短翌日届くので出産後の入院中に手配すれば届きます。

ベビー用品はこれからもどんどん購入するものが増えていくので、レンタルできるものは積極的に利用すると良いかと思います^^

ベビレンタ