ワーママ

効率良いワーママのサボり方!3つのテクニック

「バリバリ売れる営業ママはサボり方が上手♡」

この言葉を聞いて「何を言っているんだ?」「相反しているワードだな」と思った方は、大変正常な思考の持ち主だと思います。

しかし、常識の枠の中での考え方で、きっとバリバリ成果は出てはない方なのではないでしょうか?

成果を出す人はこうやってサボるのか!と気づくことが何度かあったので、ご紹介できればと思います。

こんな方にオススメ
  • ワーママになってなかなか成果が出ない方
  • 時間短縮で働いていながら成果を上げたい方
  • ママでもバリバリ効率よく働きたい方

これを読んだらあなたは成果を出すために積極的にサボるはず♡

“サボる”のススメ

仕事中

私は人生で2度「サボりなさい」と教えていただきました。

最初は、「何それ?!」と思いましたが、そこから人生が大変生きやすくなったと大変感謝してます♡

そのエピソードを2つご紹介します。

学生時代の恩師

私が通っていた最初の大学のゼミの恩師は、心理学で権威のある教授でした。

大変厳しく、授業の単位も履修者の3割にしか合格を出さないことで有名な方。

その恩師はこれからカリキュラムが始まる最初の授業で教えてくれたのです。

大学の恩師
大学の恩師
大学は学問を学ぶ場所じゃない、社会に出る前に“サボり”のテクニックを身に付ける場所だ

授業は全14回ある中で教えた内容がテストに出て、正解すると単位がもらえると言うもの。

しかし、大学はサークルやバイト・恋愛など楽しいイベントが目白押し。
就活やインターンなどを含めると、時間をしっかりスケジュールする必要がありました。

単位を取らないと卒業ができないので、その単位をいかに効率よく取得し、時間を他のことに当てられるかと教えてくれていたのです。

大学の授業を“サボる”と言うと聞こえは悪いですが、「効率的に単位を取りなさい」と言われると納得するお話でした。

社会に出る前に「自分はどこまでサボっても大丈夫なのか」と体感できるのは、すごく良い機会だったなと思います。

社会人時代の上司

私が勤めている会社は、バイタリティ溢れる方が多く・若干ハードで有名な会社。
それもあってか、心身ともに体調を崩す人もいます。私が忙しさのあまり凹んでいたら、当時のハイパーウーマンの女上司から頂いたアドバイスが今でも心に残ってます

会社の上司
会社の上司

サボるテクニックを身につけなさい!
どの仕事にチカラを入れて、どの仕事のチカラを緩めるなんて、なかなか分からないものよ。だからお仕事全てに全力投球になって、すぐ倒れてしまうんだよ!

一流の人は70%の力で、120%の成果を出しているの!
“サボり”のテクニックは、一流のビジネスマンがみんな習得していることよ!

「真面目にやれ!」「一生懸命やれ!」と人生で言われたことは多々あっても、「サボりなさい!」と言われるとはとても驚きました。

仕事は時間や成果で対価が払われるものなので、“サボる”という発想は一切ありませんでした。

この上司は他にも「みんな時間いっぱいに働いているように見えて、本当に仕事してるのは7割の時間よということも教えてくれました。

自分の息抜きをしながら働いていいんだ、とほっとしたのを覚えています。

効率よく働くためのサボり方3選

仕事中

恩師と上司に“サボる”テクニックを身に付けなさいと言われましたが、そのサボりとは一体どんなことなのでしょうか?

もちろんサボると行っても、ダラダラしたり手抜きをしたり不真面目にしたりといったことではありませんよ!

メリハリをつける

サボるということの1つ目は、メリハリをつけること!

全力で行う必要がある仕事にチカラを入れるため、チカラを入れない仕事をつくる必要があるのです。

メリハリをつける最初の一歩は、「サボること」で余分なチカラを入れずに仕事ができ体力や気力をセーブできます。

これはすごく大事なことですが、先ほどの上司が言っていたように「どの仕事にチカラを入れて、どの仕事のチカラを緩めるなんて、なかなか分からないもの」なのです。

だから、まず一旦仕事を一定のチカラで行ってみる!

そうすることで、「ここはチカラが抜けるな」「ここはミスしやすいから力を入れよう」と肌感覚でわかるようになります。

効率化を取り入れる

サボるということの2つ目は、効率化!

全ての仕事を全力で1つ1つ丁寧に行うと直ぐにキャパオーバーになってしまいます。

一流のビジネスマンは、サボるのもとても上手!

メリハリをつけることで、力を入れない仕事を上手に対処するコツがあるといいですよね♪

例えば

  • メールは全て打って返すのではなく、定型文を用意!
    ∟定型文のバリエーションは最低5種類!
  • 作成した資料は、繰り返し使用する!
    ∟1つの資料を細分化し、すぐに使える様に保存しておく!
  • 1つの仕事時間をタイムウォッチする
    ∟時間を計るとどんどん早くなるので、効率が上がり余裕ができる

などなど汎用性のある型を作ることが大事!

時間短縮にもなり、毎度1から作るよりもさらにブラッシュアップされます!

何事も全力でやることは大事ですが、全部を全力投球する必要は無いですよね。

本当に大事なことにしっかり丁寧に時間をかけられるように工夫を行っていくのも大事なポイント!

積極的に甘える

サボるということの3つ目は、甘えること!

実はこれが1番できていない方が多いかと思います!1番大事♡

何を隠そう、キャリアウーマンなら「メリハリつけて」「効率化」をはかる仕事は既にしている方も多いはず!

それでも働いている時間に対して成果が出ないのは、甘えることができていないから♡

甘えるということは、ニャンニャン男性に媚びを売ることではありません。

甘えるとは、自分の欠点や不足と向き合い&得意な方に期待をすると言うこと。

つまり、自分の出来ることとできないことを理解している女性なのです。

そして、あなたが不得意なことは得意な人も存在するはずで、その方に素直に頼ることができることです。

なんでも自分でやると決断するのは簡単ですが、完結するのはなか中難しい。

なぜならあなたはスーパーマンではないのです。

得意な方にしっかりパスをすること(=甘えること)は、勇気がいて恥ずかしいと感じると思うかもしれません。

しかし、視点を変えて相手の得意なことをお任せすることで輝かせる機会を与えているのだ!と思うといいのだと私は思います♡

まとめ

ブレイクタイム

“サボる”というワード自体、すごくネガティブに感じる方も多かったと思います。

しかし、その中身をしっかり紐解いてみると“サボる”=自分の時間を有効に使うというすごくポジティブなものでした♡

自分の時間を有効に使えると、心にも余裕ができるので鬱も回避できて・思い悩むことも減ります。良いこと尽くしですね!

さあ、明日から上手く“サボって”、バリバリ成果を出せるワーママになりましょう♡