ライフ

すっぴん綺麗なママになる♡ファンデいらずの素肌への3ステップ

いつの時代も女性の関心事のTOP3と言ったら「美容」「恋愛」「仕事」が挙がるかと思います。
特に美容の中でも「美しい肌」は全ての世代の憧れ♡

今回はファンデいらずの美肌になる3ステップをご紹介します!

女性の口コミ
女性の口コミ
ファッション誌でよく掲載されてるから耳にタコ状態だよ!

という方も、簡単なものから、難易度の高めのものまで挙げてみましたので是非読んでみてくださいね!

こんな方にオススメ
  • 忙しいママでもできる美容法を知りたい方
  • お金をかけずに綺麗になりたい方
  • 手っ取り早くコストをかけて綺麗になりたい方

美肌のための3ステップ

お水

歳を重ねるごとにメイクのテクニックや身につけるもの以上に「肌が綺麗なこと」がすごく大事と思うことも増えてきますよね。

生まれたての赤ちゃんのような

  • 毛穴のないつるんとした肌
  • 乾燥知らずの弾力のある肌
  • みずみずしい艶のある肌

どれも学生時代までは無償で手に入っていたのに、レディなお年頃になると喉から手がでるくらいに欲しい代物に・・・。

女性の口コミ
女性の口コミ
10代のあの頃に戻って、日焼けしなければよかった
女性の口コミ
女性の口コミ
間違った化粧をしなければよかった

など後悔することもあるでしょう。

諦めるにはまだ早い!

ママになってからでもファンデいらずの美肌を手に入れることができます♡

よく言われているこの3つのステップをしっかり日常に取り込むことで、1ヶ月で目に見えて変わってきます♪

是非、試してみてくださいね!

1日2リットルの水を飲む

写真集でも話題になりました田中みな実さんも毎日2リットル〜3リットルのお水を飲んでいるとのこと!

「そんなに飲めないよ!」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は飲まなきゃいけない理由が存在します。

人間の体は約65%が水分で出来ております。
2%の水分が失われただけでも喉が渇いたと感じ、10%で痙攣し、20%で死に至ると言われています。

そして普段生活している中で、尿や汗・呼吸からどんどん水分は排出され約3リットルの水分が体から抜けます。

2リットル水を飲むことは、美容のためだけではなく、体を健康的に維持するためにも必要不可欠なことだと言えます!

もちろん美容の観点からも水を排出量と同じくらい摂取することで、体に溜まった老廃物が順調に排出されるので大変効果的♡

そして体に充分水分が補給されることで肌にも潤いが出てきます。

冷水や常温水を2リットル飲むのはしんどい・・・という方は、白湯にして飲むのをおすすめ♡

白湯を飲むことで体を内側から温めるので、体温UP・内臓機能の働きを良くします。

代謝がよくなるとより一層美肌につながります♡白湯はいいことづくしなのです♪

https://yukariharuka.com/hotwater/

日焼け止めを常時塗る

日焼け止めを夏場しか塗らないという方、意外といらっしゃるのですが365日毎日塗ってください!

紫外線は年中、空から降り注いでいるとご存知の方も多いと思いますが、家の中まで紫外線の影響は受けますよ!
一日中引きこもってたとしても窓はありますしね。

しかし、日焼け止めも塗るにしても、何を塗っていいのかわからない!と思うことありませんか?

SPFやPAの違いも良くわかりませんよね。ざっくり分類すると

SPFとは

SPF:Sun Protection Factorの略

肌に炎症が起きるのを防止
∟赤くなったり・しみそばかすの原因をブロック
表記は数字 例)2〜50

PAとは

肌が黒くなるのを防止
∟将来的なしわ・たるみの原因をブロック
表記は+ 例)+〜++++

「数字が大きくて、+が沢山付いているものがいいのね!」と早合点してはNG!表記が大きいということは、その分肌に与える影響も強いということ。

その日の活動に応じて日焼け止めを選ぶのをおすすめします!

  • SPF10〜20、PA++
    ∟内勤の仕事や買い物などの日常生活レベル
  • SPF30以上、PA+++
    ∟外回りの仕事やレジャースポーツレベル
  • SPF50以上、PA++++
    ∟マリンスポーツなど常時屋外にいるレベル

日焼け止めは汗や摩擦ですぐ落ちてしまいますので、小まめに塗り直しすとより一層効果がありますよ♡

スキンケアを徹底する

美肌にはスキンケアが一番大事!と思われている方が多いと思いますが、比重としては上記2つもスキンケア位大事なのです♡

スキンケアと聞くと、高級化粧品やエステなどのイメージがありますが、実は本当に大事なのは「洗顔」と「保湿」!

「洗顔」と「保湿」が完璧なら高級な化粧品は必要ないと言われている位です。

洗顔のポイント

休日でノーメイクだったとしても洗顔は絶対にやらないとだめ♡

化粧を落とすことを洗顔と認識している方もいらっしゃいますが、顔についた余分な油脂や老廃物・日焼け止めなどを適切に落とすことが最大の目的!

おすすめは以下の3ステップ!

  1. スチーマーで毛穴を開かせる
  2. 化粧落としで綺麗に洗う
  3. たっぷりの泡で洗顔

化粧残りがあるなんてもってのほかですが、必要な油脂まで落としてしまっては乾燥の原因になるので要注意です!

特に化粧落としでオイルタイプを使っている方は、使い方に要注意!

キッチンの油汚れを落とす位の強力な洗浄力があるので、顔に使っていいのか悩むレベルだから・・

保湿のポイント

保湿は肌から水分を入れ込む勢いで大胆に化粧水を使ってください!
ケチってはだめです。

コットンでぺたぺたするのではなく、豪快にひたひたコットンで貼り付ける位がベスト。

肌からの浸透力は実はそんなに高くないので、保湿前には是非ホホバオイルを塗っていただくのがおすすめ!

ホホバオイルは人の皮脂に似た構造の成分のため、洗顔後に数滴塗ってから化粧水を塗ることで浸透力がグッと増します♡

また髪〜全身に塗ることができる保湿の神アイテム

無印良品などで3,000円程で売っているため、手軽に取り入れられると思います♪

1日のおすすめ美肌習慣

洗顔

上記の3つのステップを知っても日常生活に取り入れられないと元も子もないですよね。

紫陽花おすすめの1日のルーティンをまとめましたので、ご参考ください♡

上記の習慣を1週間騙されたと思って試しにやってみてください。

身体が軽くなり、化粧のりが心なしか良くなっていると実感するはずです♡

コストをかける価値のある手法

美容医療

さて、上記のステップは様々美容雑誌やファッション誌でも取り上げられている基礎的なことを紫陽花が様々試して成功したものをご紹介しました。

女性の口コミ
女性の口コミ
上記の方法は既に知ってます!聞きたいのはそれ以外の方法!

という方も多いかと思います、

以下は短期間でァンデいらずで劇的に変わった方法をご紹介!

今後1つづつの項目を別記事にして改めてご紹介いたしますので、今回は概要をお伝えしますね♡

お財布と相談が必要ですが、レディならではのやり方です♡

即効性のしみとり

しみとりと聞くと「マダムのやるもの」「高級化粧エステでやるもの」とイメージされる方がいらっしゃるかと思います。

しみは日焼け止めでも防げなかったメラニン色素による色素沈着が表面に表出してくるものなので、20〜40年生きたら目の下にしみが多少はできているかと思います。

これを普段はコンシーラーやファンデで隠していると思いますが、化粧が落としきれなかったらさらに肌荒れの原因にもなるのです。

しみを隠さず、元から消したくはありませんか?

私は全員、1度は行っていただきたいと思ってます♡

 

私が実際に行ったのは美容クリニックで施術してもらえるQスイッチルビーレーザー。

しみの部分に照射すると、レーザーがシミに反応しカサブタができます。

1週間〜10日ほどは日焼け止めのみ塗ります。化粧NG!

今のシーズンならマスクをしていればあまり周りも気づかないレベルです。

そして1週間ほど経過すると自然とカサブタが剥がれ、しみが取れて綺麗なつるんとした肌になります♡

20代〜40代の方であれば100ショットもあれば充分だと思います!

金額としては1万円〜5万円程。
ボーナスが入ったらすぐにでもやりたい方法です♡

しみは日焼け止めで防ぐことが大事ですが、できちゃったものは美容クリニックで消しちゃいましょう!

美人度が上がるほくろ除去

見るからにほくろの場合はすぐに除去することをおすすめします!

なぜならほくろは大きさによって値段が変わってくるから!

2〜3mm以上の場合は一気に金額が跳ね上がるので、経年で大きくなる前に除去をおすすめします。

それ以外の「これはほくろ・・かな?」の3mm以下のものは、まずは上記のQスイッチルビーレーザーを行ってみてください!

なぜならQスイッチルビーレーザーはしみはとることができますが、ほくろは完全に除去できないのです。

「ほくろかな?と思っていたものが実はしみだった」ということも以外とあるのです。

ほくろかどうかの判断は、照射後に浮き上がってくるので一目瞭然。
Qスイッチルビーレーザー後にほくろ除去をおすすめします!

 

そしてほくろはしみのように1週間〜10日で取れる物ではありません。
完全に無くなってくるのは1年後と言われています。

ほくろはCo2レーザーを照射し、2週間は照射部分にテープを貼ったままにしなくては行けません。

2週間後に外すことができますが、照射部分が赤くなり3ヶ月はそのままの赤さが続きます。正直ちょっと厄介と思うかもしれませんが、化粧で隠せるのであまり心配いりません。

 

ほくろは数や場所によっては、顔をくすませて見せてしまう原因になります。

泣きほくろや口元のほくろはなんだかセクシーですが、多いのあれば1mm程度でも除去するのをおすすめします。

芸能人やモデルの方もまずはほくろを除去するという位、顔の印象が変わってきます。

一見直接美肌には関係ないかもしれませんが、ほくろがないだけで肌が綺麗に見えるのです♡

金額は全て実費かつ、クリニックによって金額は異なりますがほくろ1つ(2mm以下)につき5,000円位。

3mmを超えると15,000円位するので時期とお財布とのご相談になるかと思います。

食事のPFCにこだわる

いくらしみとりしても、ほくろを除去して、高い化粧品を使っても、普段から食べている物が体に悪ければ肌はどんどん悪化していきます。

食事は体を作る大事な要素なので、食事内容にも気を付けたいところ。

一方でPFCをバランスよくとるとなると、食費が結構かかってきますためコスパが良くないと思うかもしれません。

確かに食事は一朝一夕で効果がでるものではないですが、長期的な視点で見れば明らかに健康と美肌に直結してきます!

 

ダイエットをする際も、タンパク質(=P)・脂質(=F)・糖質(=C)はバランス良く拘った方が良いです!


食べないダイエットは筋肉量を減らす大きな原因になり、リバウンドが確実に起こります。

そして食事を摂取しないということは一時的に体重は減りますが、体への栄養が入ってないので肌荒れ・免疫力の低下など悪影響になることは必死。

栄養が足りないと最悪の場合、生理が止まることもありますので全ての女性は絶対に食べないダイエットをしては行けません!私との約束です♡

化粧品の成分にこだわる

これはかなり賛否両論ありますが、水で落ちない化粧品は使わない方が肌のためです!

洗顔の項目でもお話ししましたが、オイルクレンジングはキッチンの頑固な油油汚れを落とすのに最適で、年末の大掃除に大変役にたちました。

大掃除並みの洗顔を毎日行うってどうゆうことなのでしょうか?

「化粧は頑固な汚れなの?」と疑問を抱いていただきたいです。

原因は化粧品の成分にあります。

多くの化粧品が水だけでは落ちず、化粧落としが必要なものばかり。

前提として化粧品は本来の顔のくすみやしみを隠すために作られ、顔を美しく映させます。

化粧で隠す必要がない、ファンデいらずの美肌になる方が一番手取り早いのでは?

もちろん加齢による肌の変化やTPOがあるので、化粧品を全く使わないことはできませんが、肌に優しい水で落ちる化粧品を使うことが長く美肌でいれるコツだと思います。

快感を得ること

美肌のための最後の1つは、快感を得ること!

一見快感と美肌は何も関係ないと思われがちですが、実はすごく大きな繋がりがあります。

パートナーや夫がいる場合、心が安心し充実感を得ることで肌が高揚し、体温が上がります。

すると体内の循環が良くなり美肌になります♡
またストレスのないスッキリ感は、顔の表情にもつながり明るさにも繋がります。

パートナーがいない場合でも、自身の快感をコントロールすることで同様の効果が生まれます。

「自分で快感を起こすなんて!」と目くじら立てる方もいらっしゃるかと思いますが、スキンケアと同じように美肌にとても大事なことです。

どの方法が良くてどの方法が悪いという物ではありません。

お好きなものと取り入れていただければと思います。
しかし事実、絶大な効果があるので、使ってみない手はないと私は思います♡

上記のご紹介した方法の中で1番安価で今日すぐに試せて、即効性がありますので♪

心地よい毎日を作る選択肢の1つとして、是非取り入れていただけますと嬉しいです♡

まとめ

美肌になると行っても、既に周知の事実からお財布と相談するものまで幅広くありますよね。

一概にどれが良くて、どれが悪いとは思いませんが、どれも手の届く選択肢だと思いますので、是非これを機にトライしてみていただけますと幸いです。

明日も心地よく過ごしていただけますように♡