妊娠/出産

妊娠したらできない?!ネイル・美容院・コスメで気をつける美容ポイント!

妊娠すると体の変化だけでなく、日々の習慣も変更を余儀なくされますよね。

例えば、食べ物や飲み物だど口から摂取するものは、胎児にダイレクトへ影響するため摂取OK/NGが明確に決まっています。

質問者
質問者
口から摂取するものは注意が必要だけど、肌などから摂取するものは?

ネイルや美容院、化粧品、オイルなど様々な日用品についても心配になってきますよね!

こんな方にオススメ
  • ネイルで気をつけることが気になる方
  • 髪を染めるのはOK下記になる方
  • 化粧品の肌からの摂取について心配な方

妊娠しても綺麗でいたい、可愛くありたいと思うプレママさん達のお悩みの参考になると幸いです!

妊娠してもおしゃれしたい!

ディオール

妊娠が発覚するとすぐにつわりが始まり、今まで食べれてたものが食べれなくなったり、食べたくなくなったりとかなり制限されるようになります。

特に食べ物や飲み物は胎児に影響を与えることも多く、また母体の免疫が下がっているので注意しなければいけないものも多くなるため食に対するフラストレーションが高くなります!

紫陽花
紫陽花
大好きなお寿司や生卵が食べれないのがきつい・・

また、お腹が大きくなり今まで来ていた服が苦しくなってきたり、胸やお尻が大きくなり下着もマタニティ用を着用するようになると一気におしゃれ感がグッと減ります。。

マタニティ用の洋服や下着って、機能性重視なのでその時のトレンドや可愛さというのが、なかなか反映されづらいのです。

マタニティ期間を快適に過ごすインナーウェア6選ー下半身編ー妊娠して一番最初に揃えるものといえば、インナーウェア! 妊娠初期中はお腹がそこまで目立たなくても、自分自身で体の変化を感じやすくな...
マタニティ期間を快適に過ごすインナーウェアーブラ&ナイトブラ編ー妊娠すると体の変化が著しく起こります! 妊娠が発覚する少し前から違和感を感じたところがあります。 そこから、妊娠が発...

妊娠して10ヶ月間の間、あれもこれも制限されてしまうとただでさえストレスが溜まっているのに、よりうんざりしてしまいます。。。

少しでも自分のテンションを上げることができると、マタニティ生活も楽しめるかと思います!

このおしゃれはNG?OK?

ネイル

そこで思い浮かぶのが、ネイル・美容院・コスメ・日用品について。

毎月ヘアカラーを楽しみ、季節のネイルに変更し、25歳から肌の曲がり角に突入したスキンケアはこだわりのものが揃っているかと思います。

男性ウケではなく、自分のテンションを上げるためのおしゃれは気分を高めてくれますよね♪

おしゃれのおかげで、毎日のきつい仕事や社会を乗り越えてこられたといっても過言では無いかと思います!

しかし妊娠した途端、年配者や男性に言われることが増えるのが「赤ちゃんに影響があるわよ〜」「もうお母さんになるんだから〜」という、言葉の呪い。

確かに、アルコールやタバコなどのように直接胎児に影響のあるものや、妊娠初期のビタミンAの過剰摂取による先天性奇形の可能性など、明らかにNGとされる行為は咎められても仕方がないと思います。

しかし、私たりがしたいオシャレってどこまで胎児の発育に影響があるのでしょうか?

私がおしゃれしたくて、調べ抜いたことを今回ご紹介したいと思います!

ネイル

私は5年以上、毎月ジェルネイルを楽しんでおり季節ごとに変えるネイルにテンションを上げてもらってました!

紫陽花
紫陽花
できる限りネイルをしたい!

と意気込んでおりましたが、妊娠中のネイルは推奨されないということを知りました。

妊婦の爪の役割というのは、

  • 爪の色で健康状態を把握する
  • 酸素飽和濃度測定器を指につける

妊娠の状態によっては、この2つを行う必要があるのです。

ネイルの原料自体が胎児に影響するわけでは無いのですが、ネイルが推奨されない理由として、ネイルをすることで母体に何かあった際に、病院で健康状態や正確に酸素量などの数値を測ることができないからです!

特に酸素飽和濃度測定器というのは指に挟む機械でして、体内の血中酸素量を測るものです。

体内の酸素が減ると赤ちゃんは酸欠状態となり、脳や体に影響が出てしまうのです!

そのため、爪をコーティングするジェルネイルは、妊娠したら早急に取り外すことをお勧めします。

すぐに剥がせるタイプなら△

ジェルネイルはコーティングするのでNGということは分かったと思いますが、ポリッシュネイルはどうなのかというと、推奨はされないが一応OKということです。

というのも、ポリッシュネイルは除光液ですぐ外せることができるので、基本は問題ないとのことですが、緊急を要する状況の時は除光液も使えないため、ポリッシュネイルもあまりお勧めされない模様です。

その際に使用できるネイルが、ジェルネイルシールタイプ!

ジェルネイルのような華やかなデザインですが、シールタイプで硬化する必要がないためすぐ付けることができ、すぐに剥がせます!
※コーティングの機械で硬化するタイプのものはNG

ジェルネイルシールは種類も豊富にあり、値段も安価なためブランドもののポリッシュネイルを買うよりも圧倒的に安価なため妊娠中でもオススメです!

・緊急時に、すぐ爪から剥がせて酸素飽和濃度測定器をつけることが可能であればOK

美容院

年配者層に言われるのが「ヘアカラーは赤ちゃんに影響あるからしちゃだめ!」という言葉。

実は夫や姑さんにも言われた!という人も意外とおり、Twitterでは髪の色を黒に戻したという方もいました。

ヘアカラーについては、胎児に影響がないといわれています。

影響があるとすると、

  • 妊娠中は肌が敏感になるため頭皮が炎症起こす可能性がある
  • 薬剤の匂いがつわりを重くする可能性がある
  • お腹が大きくなってくると長時間座っていられなくなる

こういった点が挙げられます。

ヘアカラーは○

ヘアカラーの薬剤については、現在低刺激のものやオーガニックのものなど幅広く種類が出ているため安心してご使用いただけます。

とはいっても、気になる方は毛先だけカラーチェンジする裾カラーという手段もありますので、産休育休中に思い切った色に挑戦するのも良いかと思います!

裾カラー
紫陽花
紫陽花
私は産休に入り次第、裾カラーで髪色をピンクにする予定です!

普段ならできないおしゃれをするのも、テンションを上げるための一つになるかと思います!

・基本的にOK!
気になる方は薬剤を低刺激のものにするか、髪の毛先のみカラーチェンジする裾カラーもオススメ!

コスメ

コスメの中でも基礎化粧品に含まれる物質が胎児影響あるものがあります。

特に今回、ご紹介するのはビタミンA(レチノール)について!

私自身、昨年秋からエンビロンユーザーということもあり、ビタミンAが配合されている基礎化粧品を妊娠中に使用して良いのか?と思い調べ始めました。

※パラベンやレチノイン酸配合、ジエタノールアミンなどは今回調べていないためご了承ください。

そもそもエンビロンなどのレチノール配合の化粧品について、「使用しても良いのか?」と疑問が上がるのは妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると先天性奇形となる可能性があるからです。

このビタミンAの過剰摂取というのは、いわゆる食べ物として摂取した場合!

例えば、ビタミンA含有が高い食品としては、うなぎ(100gつき5000IU)、フォアグラ(50gつき3400IU)、レバー(10gつき4000IU)などを指します。

妊娠中の必要量は1日2000 IU(600μg)で、上限は1日 5000 IU(1500μg)と決まっている中で、毎日のように食べていると過剰摂取となります!

うなぎを毎日食べ続けるってかなり難しいと思うので、あまり心配はいらないかと思いますが、気をつけたいのが内服するサプリメントのビタミンA!

サプリメントは手軽に飲めるため、過剰摂取を起こしやすいと言われているため注意です。

レチノール配合の化粧品は○

エンビロン

では、化粧品として肌から摂取する場合はどうかというと、皮膚から血液へ浸透することはないため安全という見解が見えてきました。

そもそも、レチノール配合の化粧品は肌へ直接影響するため、血液に浸透したら体内の他の臓器への影響も考えられます。

とはいえ、気にする方もいらっしゃるかと思いため、妊娠中期以降は先天性異常を起こすことはないため妊娠3ヶ月以降に再開するもの良いかと思います!

・内服ではないため、肌に塗る分には基本的にOK!
気になる方は妊娠3ヶ月以降に使用すると良いかと思います。

まつげ

まつげ

コロナ禍になり、より一層アイメイクに力を入れる方が増えてきましたよね。

特に目ヂカラや目を大きく見せるために、まつ毛エクステやまつげパーマなどを日常的に行う方も多くなっているかと思います。

まつげのコーティング剤やパーマ剤が胎児に影響することは?について調べてみました。

まつ毛エクステ、まつげパーマ○

美容院と同様にパーマをかけるから胎児に影響は?と思う方もいるかと思いますが、カラー剤もパーマ剤も医学根拠がない状態です。

そして、まつげパーマの場合は使用したとしても少量のため問題なと思います。

美容院と同様に影響があるとすると、

  • 妊娠中は肌が敏感になるため頭皮が炎症起こす可能性がある
  • 薬剤の匂いがつわりを重くする可能性がある
  • お腹が大きくなってくると長時間座っていられなくなる

こういった点が挙げられます。

体調に問題がないならば、まつげ美容は行っていただいて良いかと思います!

また、出産時はカンガルーケアの際に記念撮影をとる病院も増えてきているためマスクをした状態で見える部位というのは髪の毛と目位ですので、出産で気力を使い果たし疲れた状態でもぱっちりとした目であれば写真も気兼ねなく行えるのではと思っております。

・問題なし!
 出産直後の記念撮影の際に、ぱっちりとした目で写真を撮ることができる 

気になったらすぐ中止する

コスメ類

胎児に影響があるのでは?と思うことも、よくよく調べてみると影響のある根拠は見つからず、その多くが「母としての印象」「妊婦としての印象」のために外部が言っているものも多いのかなと思った印象でした。

胎児の影響よりも、救急搬送時に体内の酸素を見るために必要だったり、施術中の母体を気にするために配慮で、推奨されないと言われているものも多かったです。

そのため、ネイルや美容院、コスメなどは基本的にOKなのですが、自身が気になった場合は即使用を中止してください!

「怖いな!」「大丈夫かな!」と思いながら行う美容は全然楽しくないため、出産して落ち着いたら存分に楽しみましょう!

マタニティ期間のテンションを上げるポイントは、美容以外にも沢山あると思いますので他のことで楽しんでくださいね。